グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



HOME >  院長ブログ >  その花粉症の薬、あなたに合っていますか?

その花粉症の薬、あなたに合っていますか?


画像説明文

【皆様は、ご自身に合ったアレルギー薬をつかっていらっしゃいますか?】

花粉症の皆様、アレルギー薬をどのように選んでいますか?市販薬でしょうか?かかりつけのお医者さんから勧めてもらった薬を、とりあえず飲んでいるのでしょうか?
毎年飲んでいる薬が自分の鼻の状態に合っているのか少しでも気になる方、初めての花粉症で、どの薬が良いかわからない方、ぜひ耳鼻科受診をお勧めします。なぜなら、次にように皆さまに合った薬をご提案できるからです。
それでは当院での診察手順をご紹介いたします。
【診察手順】
①鼻づまり・鼻水・くしゃみのうち、どの症状が特につらいのかを確認させていただきます。

②今まで花粉症の薬を飲んだことがある方には、どんな薬を飲んだら効いたのか、効きが悪かったのか、眠気などの副作用がでたのか、出たのであればどの程度なのか、これらを確認させていただきます。また、お仕事の内容・受験生かどうか・運転の頻度・屋外でスポーツを行っているか、などの確認も重要となります。

③鼻の中を診察します。特に下鼻甲介の腫れがどの程度なのか、充血しているのか、浮腫状に腫れているのか、下鼻道の開き具合はどうなのか、鼻中隔の状態はどうか、などを確認いたします。
※ご希望に応じて、ご本人・お子様の鼻粘膜の腫れ具合をお見せします。

④これらを総合して、どの薬が適しているか判断し、ご本人・保護者の方の同意を得ておすすめの鼻炎薬を処方します。
(初めての花粉症の方には、鼻の粘膜の腫れ具合・風邪薬で眠くなったことがあるかどうか・ご本人の希望などから総合的に判断し、薬を決定します。)

※薬メーカーが勧めるアレルギー薬を安易に処方したりすることはいたしません。基本的にジェネリック薬を処方しますが、患者さんの状況に応じて先発品をお勧めすることもあります。

疑問などありましたら、お気軽にお尋ねください。そして一緒につらい花粉症を乗り切っていきましょう!